記事作成代行・コンテンツ制作代行の種類とおすすめサービスを比較

投稿日:

集客を目的に、自社のホームページのコンテンツを充実させる会社は年々増加傾向にあります。不動産会社なら不動産の買い方やおすすめの物件を、食品メーカーなら食品を使ったレシピなどを紹介する手法です。自社商品を紐づけたコンテンツがホームページにあると、潜在顧客のリードになり、将来的な顧客になる可能性が高まります。webコンテンツは新規顧客を集め、営業のように顧客を口説く重要な存在になってきています。

しかし、実際に記事を書きたいと思ってもどう書けばいいのか、人に読まれる記事とはどういうものなのか。web上の記事を書いたことがない会社にとって、記事を作ることは難しい場合も。また、記事を書いたとしても、実際にユーザーを集めて見られることがないと書いた意味がありません。集客を目的にコンテンツを作るのであれば、読まれる記事でかつ集客ができる記事を作る必要があります。今回は、そんなコンテンツ作成をサポートして貰える「記事作成代行サービス」をご紹介していきます。

記事作成代行サービスとは

自社でライターを抱えずに記事作成を依頼できるサービス

記事作成代行サービスとは、自社でライターを抱えずに記事作成を依頼することができるサービスのことです。自社でウェブサイトを作り、オウンドメディア化しようとすると、記事を毎日作る作業はとても負担になります。また、ライティングが苦手な方にとっては文章を書くこと自体が苦痛になることも。いきなり初めても一筋縄ではいかない場面が沢山発生することも考えられます。

記事作成代行サービスは、自社でライティングや画像の選定、入稿など記事作成に関わる工程を外注できるとても便利なサービスです。

SEO対策を施したライティングが可能に

自社で記事を作成する目的は、潜在顧客の獲得やブランディングなど、企業によって様々だと思います。理由は様々ではあるものの、『沢山のターゲットに見てもらう』という集客を目的とすることは共通の前提条件ではないでしょうか?
自社でただ記事を作成し、ウェブサイトにアップしたとしても、その記事を見る人がいなければ目的を達成することが難しくなります。

沢山のターゲットを記事に誘導する一つの間口として、グーグルとヤフーからの検索流入はとても重要になってきます。グーグルやヤフーの検索結果から自社サイトに流入させるには、検索結果の上位に表示する必要があり、普通に記事を作成するだけでは難しい部分があります。

記事作成代行サービスの中には、単に記事を作成するのではなく、検索結果で上位表示される対策(=SEO対策)を施した記事を作成するサービスも。記事作成において、初めから集客をしっかり考えるのであれば、SEO対策は重要になってくるのではないでしょうか。

記事作成代行を依頼する前に知っておきたいこと

記事作成の工程は10に分かれる

  • 1.キーワードの選定
  • 2.コンテンツ内容の検討
  • 3.ルール・マニュアル作成
  • 4.テストライティング
  • 5.ライター募集
  • 6.ライティング
  • 7.検収・校正(差し戻し)
  • 8.修正
  • 9.入稿
  • 10.公開

記事作成と一言で言っても、記事を作成して公開されるまでには沢山の工程を経る必要があります。今回は『SEOに適した記事を作成する』という前提で約10の工程に分けました。この工程が全てではありませんし、会社によっては増減する項目があるでしょう。ただSEOライティングという点ではこの10項目を網羅しておけば、ある程度質を担保した記事が納品されるのではないでしょうか。

記事作成代行サービスの種類は大きく3つに分かれる

記事作成代行サービスの種類

記事作成代行サービスと一概に言ってもパターンは様々で、今回は大きく下記の3パターンに分けて比較していきたいと思っています。

  • ライティング代行
  • 記事作成一括代行
  • コンサルティング+記事作成一括代行

記事作成代行サービスの選び方

記事が納品されるまでに外注できる工程を比較する

記事作成代行サービス別代行業務比較

記事作成代行には前述の通り、記事が出来上がるまでライター募集から始まって実際に納品されるまで沢山の工程があります。記事制作の外注においても、サービス内容により自社の担当者が管理する工程が変わってきます。企業の記事制作における方針や要望によって、記事作成サービスの使い分けが必要になってくるでしょう。

費用・コストを比較する

記事作成代行サービス別費用コスト比較

費用は記事作成における代行工程の範囲と、ライター・編集者の質により料金が異なってきます。業界の単価としては、1文字単価もしくは1記事単価で換算されることが通例です。例えば、1記事1000文字で1文字1円単価であれば1000円、1記事2000文字で1文字2円単価であれば4000円、といったイメージです。単価は代行工程が広さやライティングの専門性の高さにより変動していきます。

一番費用が安い代行サービスは、ライティング代行でライティングのみを経験の浅いライターに直接依頼することです。初心者ライターでも書ける簡単な内容のライティング部分だけを依頼し、前後の工程は自社で管理する会社には最適と言えます。一方で、記事を作成するのは初めてで、記事の品質管理ができず全ての工程を外注したい会社にとって、ライティング代行のみを利用するのはあまり適していないと言えるでしょう。

サービスごとに費用を比較して検討するのは大切ですが、ただ単に安いという点を優先し、自社管理工程を無視して記事作成サービスを選ぶのは注意が必要です。

納品までにかかる時間を比較する

記事作成代行サービス別納品数比較

企業によっては記事の更新頻度が決まっていたり、期末までに予算を使い切りたい等、納期が決まっていることも多々あります。いつまでに、どのくらいの質で、何記事アップしたいか。納期までの時間によっても記事作成サービスの使い分けが必要になってきます。

各記事作成サービスの詳細・種類別比較

ライティング代行・外注

ライティング代行・外注

まずはライティングだけを代行するサービスです。基本的にランサーズやクラウドワークス、サグーワークスなどクラウドソーシングサービスでライターを募り、ライティングを依頼する形になります。

ライティング代行のメリット

自社でライターを雇用する必要がなくなる

一番のメリットは、やはりライターの直雇用をしなくてもいい点ではないでしょうか。ライターを一人社員雇用するだけで月間数十万円、年間で数百万円ランニングコストとしてかかってしまいます。教育コストなどを考えるとさらにコストは膨らむことになります。ライターを固定費から変動費にするだけで会社のPLが一段と軽くなるメリットがあります。

高いライティングスキルを持つライターに依頼することができる

ライティング代行のメリットとしては、何と言っても高いスキルを持つライターに直接依頼できることではないでしょうか。ランサーズやクラウドワークスがサービスを始める前までは、ライターを探すのは大変で時間もコストもかかりました。特に不動産や製造系など専門分野のライティングはその道の専門家に依頼するしかなく、とはいえ探す手段もなく探すだけで一苦労でした。しかし、現在では10以上のクラウドソーシングサイトがあり、簡単に自社が求める専門分野に長けたライターを探し依頼することができます。

ライティング代行のデメリット

記事の指示出しや校正を行う編集者兼ディレクターが必要

いざライティング代行を利用しようと思っても、ライターに指示を出したり、書いた内容をチェックする編集兼ディレクターがいないと始めることは難しいでしょう。

ルールやマニュアルの出来で記事の質が左右される

クラウドソーシングで募ったライターには書き方やルールなど一定の指示をする必要があり、マニュアルの質によって記事の質もある程度左右されることがあります。

ライターの選別が難しい

ライターは沢山存在するものの、中にはライター初心者や知識が不十分な方もいるのでライターの選別が難しい部分があります。特に最近ではキュレーションサイトが多く、ネット上の情報をつなぎ合わせるため一時情報を持ったライターが少ないのが現状です。ライティングを依頼したい場合、ネットでの情報が少ない分野や医療など身体に重要な影響を与える分野は依頼する際に注意が必要です。

ライティング代行はこんな方におすすめ

  • 少ない数のコンテンツを低予算で作りたい
  • 社内に編集者が1人以上いる
  • コンテンツの設計が出来上がっている

既に自社サイトで何記事かアップしており、マニュアル等も整備されていてライティングにおけるルールも決まっている会社や個人の方におすすめです。

記事作成一括代行

記事作成一括代行

記事作成一括代行とは、ライターの募集から記事の納品までを一貫して行ってくれるサービスです。記事作成に関わる工程は支援してもらえる一方、キーワードの選定や編集マニュアルは自社で作成する必要があります。

ライター募集〜記事作成〜入稿までを一括で代行してもらえる

記事作成を内製している会社にとって、ライター募集や上がってきた記事の検収作業はとても大変なものですよね。毎日記事をアップしている会社であれば、ライターとも毎日やりとりし、また相応の編集者を揃え進めていく必要があります。記事作成一括代行会社に以来すれば、記事作成に関わる作業を一括して依頼することができます。自社の編集者やディレクターは記事作成における作業よりも、納品後の頭を使うマーケティング業務に時間を使うことが可能になります。

記事作成一括代行のメリット

ライター募集・やり取り・検収の手間がなくなる

一括代行サービスでは、ライターを募るところから書かれた記事の検収、入稿までお願いすることができ、社内担当者にかかる工数を大幅に削減することができます。

募集するライターレベルは、ライター経験や業界知識などを鑑みて事前に一定の要望を出すことができます。ライターレベルは初心者から経験者まで様々です。ライターレベルが上がれば上がるほど料金も高くなる傾向にあります。

納期までに決まった記事数を納品してもらえる

期日までに大量の記事を公開したり、継続的に毎日記事を公開したい場合は一括代行が便利です。事前に記事の納期と納品数を決めておけばある程度スケジュールに沿った納品をしてもらうことが可能です。

記事作成一括代行のデメリット

ライティングルールやマニュアルは内製する必要がある

一括代行は聞こえ的には何もしなくていいように思えますが、実は一番前準備が必要なサービスです。特にライティングルールと検収ルールは必ず決める必要があります。

まず、ライティングルール。記事を外注するにあたって、どのテーマやキーワードで、どういう体裁で書く必要があるのか。もしルールが整っていないと納品された記事が期待外れということもザラにあります。ライティングにおけるルールは細かく決める必要があります。

また、検収部分も外注することになるので、文章のどこをどのようにチェックして欲しいのか、検収ルールも決める必要があります。検収ルールが規定されず、そのままサービスを依頼するとほぼ検収されずにライターが書いたものがそのまま納品されることも。誤字脱字、文法違いだらけで、納品された記事がひどすぎて全く使えない、ということも頻繁にあります。検収ルールも必ず事前に細かく作る必要があります。

記事の品質管理を行うディレクターが必要

記事作成一括代行はこんな方におすすめ

  • 記事を1日1記事以上作成し更新したい
  • 社内に編集者が1人以上いる
  • コンテンツの設計が出来上がっている

記事作成一括代行を依頼するのであれば、社内にライティングにおけるマニュアルの一式があり、記事作成の内製化が一通り進んでいる会社におすすめです。

逆におすすめできないのが、記事作成をしたことがない会社です。いきなり一括代行サービスを使ってしまうと、記事の良し悪しがわからず、ユーザーが集まるどころか業者の言われるがままになってしまいます。そのため、まずは記事が納品されるまでのフローと自社で一連のルールを決めることをまずやってみるのがおすすめです。ライターを雇って記事作成をしてみたり、クラウドソーシングでライターに依頼してみると記事作成における全体像が見えてくるのではないでしょうか。

コンサルティング&記事作成一括代行

コンサル兼 記事作成一括代行

サイト及び記事に関するコンサルティングから記事作成まで一貫した支援を行うサービスです。

コンサル&記事作成一括代行のメリット

SEO集客を鑑みた記事を作成することができる

記事作成をしたことがない会社が一括代行にいきなり発注することで、集客ができないゴミのような記事が大量生産されることが多々あります。弊社にも、『とにかく記事を大量に作りたい』と相談に来られるお客様が沢山いらっしゃいます。
しかし、記事の量と質は相関せず、中身が薄っぺらで質が低い記事を大量に生産しても、集客を見込むことは難しいでしょう。記事を大量に生産する前に、まずは記事を見るユーザーと記事の内容を設計することが大切です。

SEOに特化したコンサルティングでは、質の高いコンテンツを作るための記事設計から行ってもらうことができます。

どんな人が
どういった課題を持っていて
どうすれば解決できるのか

という、ユーザーが対象のキーワードを検索する潜在的な悩みの定義と解決策の提示までをセットにしたコンテンツ作りです。

社内で記事作成を内製する体制を作ることができる

コンサル&記事作成一括代行のデメリット

固定費がかかる
業者の当たり外れが大きい

SEOのコンサルティングはコンサルタント次第で質が左右されるため、非常に当たり外れが大きいサービスとも言えます。大手であればいい、というわけではありません。大手でも新人コンサルタントが担当することも十分あり得ます。

業者の当たり外れを避ける為に、おすすめの選び方は、会社規模は小さくても自社メディアの運用経験がある会社です。自社でメディアを運用しているので、SEO

会社規模が大きい
自社でメディア運用をしていない
広告代理店業がメイン

という会社は注意が必要です。

コンサル&記事作成一括代行はこんな方におすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です