記事作成代行・記事制作外注でおすすめの会社人気比較ランキング!

投稿日: カテゴリー: SEO

社内でライターがいない時に強い味方になってくれるのが、記事作成代行サービス。クラウドソーシングなので不特定多数の人から最適な人を選び依頼することができ、1記事だけの少量作成から100記事以上の大量作成まで幅広く使える便利なサービスです。今回はそんな記事作成代行におすすめのクラウドソーシングサービスを実体験をベースにランキング付けしました。良い点や悪い点、おすすめの企業などを交えてご紹介していきます。

記事作成代行サービスとは?

記事を作成してくれるサービス

記事作成代行とは、webサイトに掲載する記事を代行して作成してくれるサービスです。記事と言っても様々で、コラム記事だけでなく、商品説明やレビュー、取材記事まで幅広い記事の作成を依頼することが可能です。

記事作成代行/一括代行/コンサルの三種類に分かれる

記事作成代行サービスにも3種類あり、下記のように分かれます。

記事作成代行|自社でライターを募集しライティングのみを行うサービス
記事作成一括代行|ライター募集・校正・入稿まで記事作成に関する一括代行
コンサル兼一括代行|SEOを鑑みたコンサルから記事作成まで一貫して代行

自社に管理者がいて、少量から記事作成を行うのであれば記事作成代行サービスの利用がおすすめです。一方で、社内に管理者がおらず、レギュレーション等も決まっていない場合は一括代行がおすすめ。また、SEO対策を鑑みた記事作成を行うのであれば弊社のようなSEOコンサル~記事作成まで一括代行する会社に依頼するのがおすすめです。

記事作成における相場・単価

記事作成一括代行会社は1文字5円が相場

記事作成における費用相場は、求めるレベルや業務範囲、発注量により異なりますが、100記事以下でライティングだけの場合は1文字5円前後が相場と言えます。例えば、1記事3000文字の記事を10記事、お願いした場合だと、3000文字×10記事×5円=15万円になります。

見出しや書き方のルールが記事によって異なる場合は、更に費用が掛かる可能性があります。また、画像挿入やCMSへの入稿を行う場合は、別料金になる可能性があります。

クラウドソーシングにおける記事作成は1文字1円が相場

クラウドソーシングでビギナーレベルのライターに発注する場合、文字単価は1円前後が相場です。5‐6年前までは1文字0.5円前後が相場でしたが、オウンドメディアの活況により、記事作成を行う会社が増えたため、ライターの文字単価も高くなりつつあります。

また、クラウドソーシングにおいての文字単価は質にも反映されるため、文字単価が低いライターの納品物は、質が下がる傾向にあります。1文字1円以下のライターへの発注も可能ですが、1円以上のライターよりも質が劣ることは覚悟しておいた方がいいかもしれません。

記事作成の外注サイトと代行会社の使い分け方

自社に編集者・検収者がいる場合は外注サイトから始めてみる

できるだけ内製でしたい、という会社で自社に編集者が1人でもいる場合はクラウドソーシングから始めてみるのがおすすめです。箇条書きでもいいので、簡単なルールを作り、少数のライターに依頼するところからスタート。徐々にライターを増やし、ライティングマニュアルをブラッシュアップしていくことで、継続的に品質の高い記事を作ることが可能です。

外注サイトを使うことで、長期的に記事作成コストを安く抑えることが可能になります。デメリットとしては、記事の品質が編集者のスキルに左右されてしまうということと、記事の質が上がるまで時間がかかるということです。手さぐりでも自社でやりたい場合は、クラウドソーシングサイトで外注をしてみてください。

自社に編集が不在で記事作成ノウハウがない場合は代行会社に依頼がベター

自社に編集・管理する社員がおらず、全く何もわからない場合は、記事作成代行会社に依頼するのがおすすめです。まずはどういった記事を作りたいのか、という概念的な部分を体系的に記事化してもらうことが可能です。また、会社によっては、記事作成からサイトへのアップロードまで、全ての業務の依頼もできます。記事の作成においては、自社では何もせず外注したいという場合は、代行会社に丸投げするのがおすすめです。

記事作成の外注の前に決めておきたいこと

大まかな記事の内容・記事で集客したい顧客像

クラウドソーシングや代行会社に記事作成をお願いする場合、どういった内容の記事を作りたいかを伝える必要があります。
これから作る記事では、
・どんな人にどんな内容を発信したいか
・記事を読んで最終的にどういったことを期待するか(目的)
は最低限決めておきましょう。

記事のテイスト・文体

webサイトにより、記事のテイスト・文体は様々です。個人向けのエンタメ記事は親しみのある文体が通例ですが、法人のHPでは失礼のないよう、堅めの謙譲語が通例になります。記事を追加するwebサイトの特徴や顧客像を踏まえて、文体を事前に決めておくのがおすすめです。

簡易的なライティングルールとシート

記事やwebサイトによって、ライティングにおけるルールは大きく異なります。代行会社では全て作って貰える会社もありますが、自社でクラウドソーシングに依頼する際は、最低でも手順・ルール・入力シートは事前に決めておきたいところです。記事作成の外注において、事前準備は記事の品質にダイレクトに関わってくる部分なので、しっかりと社内で話し合って決めておくのがおすすめですね。

・記事作成の手順:どういった流れで記事を作成するのか?
ライターの手順例)
1. 「キーワード一覧」から記事のテーマになるキーワードを選択。
2. 記事の構成を確認。
3. CMS上でユーザー登録。
4. CMS上で本文ライティング。
5. チャットで納品報告。
6. 報酬の受取。

・ライティングルール:ライティングにおける細かい決め事
ライティングルール例)
1. 誤字脱字
誤って使用した文字、文の途中で抜けている文字がある。
2. 記号の使用禁止
本文では句読点(。、)以外の記号の使用は禁止。
3. 一文80文字以内
読みやすいよう、一文は80文字以内に収める。
4. 不自然なカタカナ表記の禁止
外来語や和製英語以外はカタカナで書かない。
5. 書き手の視点は第三者
個人の意見ではなく、第三者の立場で書く。

記事作成代行でおすすめの会社比較ランキング

株式会社スペクトル

スペクトルの特徴

総合評価95点
実績★★★★★
外注費用(文字単価)★★★★★(1文字5円~)
記事の品質★★★★★

株式会社スペクトルは東京都中野区にあるwebマーケティングの会社です。web記事の作成については10年以上の実績がある、老舗の記事制作会社です。中野区だけでなく、全国にクライアントを持っています。

良い点

記事作成の実績が豊富

毎月100万文字以上の納品実績があるので、記事の大量発注にも対応してもらうことが可能です。また、自社でメディアを運営しているため、ただ記事を作るだけではなく、SEOを加味した質の高い記事を作ってもらうことが可能です。

記事作成の全てを外注できる

自社でライターを募るクラウドソーシングとは異なり、ライターの募集・管理・ライティングまで全てをお願いすることが可能です。「これから記事作成をしたいが、何から始めればいいかわからない・・」という会社でも安心ですね。

ライターの質が高い

スペクトルでは自社で専門のライターを抱えています。毎月様々なライティング案件に取り組んでいる百戦錬磨のライターです。ジャンルを問わず、質の高いライティングが可能になっています。評判が高く、SEOに力を入れているメディア会社様でも安心して外注することが可能です。

株式会社デザイン(ゼットン)

株式会社デザインの特徴

ゼットン記事作成会社
総合評価89点
実績★★★★★
外注費用(文字単価)★★★★★(1文字0.7円~)
記事の品質☆☆☆☆☆(不明)

株式会社デザインは東京都の西新宿にあるweb制作会社です。創業から13年、2019年の売上は32億円とweb制作会社の中では実績がある会社です。自社でwebサイトの企画開発まで行っているので、記事制作にとらわれない提案が可能になっています。

良い点

記事作成の単価が安い

記事作成の文字単価は0.7円~と業界でも随一の安さで提供しています。(ただ、正直、0.7円では良い記事は作れないのでは・・?という心配もあります)記事の品質は置いておいて、とにかく低単価で安く大量に記事を作りたい!という会社におすすめの代行会社です。

商品説明やレビュー記事まで幅広いテーマに対応

記事作成というとコラム記事がメインになりますが、株式会社デザインでは、難易度の高いレビュー記事や特殊で専門性の高いジャンルの記事まで幅広いテーマの記事の作成を代行しています。学者や美容に関する専門性が求められるテーマのライティングを行うのであれば、まずはデザイン社に依頼してみてはいかがでしょうか。

株式会社センターグローブ(記事作成代行屋)

株式会社センターグローブの特徴

記事作成代行屋の記事作成サービス
総合評価89点
実績★★★★★
外注費用(文字単価)★★★☆☆(1文字6円~)
記事の品質★★★★★(不明)

株式会社センターグローブは横浜に本社を置く記事作成の専門会社です。記事作成代行屋というサービス名で記事作成を行っています。記事制作においては300社以上の実績があり、継続率の高さに定評があります。

良い点

SEOに適した記事作成を行ってもらえる

会社自体、前身がアフィリエイターということもあり、SEOに適した記事作成をお願いすることが可能です。アフィリエイト業界でも有名なA8ネットの売上ランキングで全国2位とのことなので、SEO記事においてはかなりのスペシャリストではないでしょうか。Googleのアルゴリズムは日々変化していますが、実績があり信頼できる会社ですね。

自社の要望に合わせてカスタマイズしてもらえる

記事作成と言うとライティングだけと考えがちですが、センターグローブではオプションでイラストや画像の挿入もお願いすることが可能です。難関なキーワードに対するSEOの記事で長文&イラスト付きの記事作成が必要な場合におすすめできる会社です。

悪い点

単価が高めの設定

センターグローブの文字単価は6円と、少し高めの設定です。例えば、3000文字の記事を10記事お願いした場合、18万円になります。アフィリエイト用の記事であれば、十分元が取れそうですが、簡単な商品説明やハウツー記事であれば、自社や他社も検討してみてもいいかもしれません。

記事作成でおすすめのクラウドソーシング比較ランキング

クラウドワークス

クラウドワークスの特徴

総合評価95点
ライターの集まりやすさ★★★★★
登録会員数★★★★★(250万人)
信頼・安全性★★★★★
外注費用の安さ★★★★★(1文字0.5円~)
利用手数料★★★★★(10%×消費税)
使ってみた感想★★★★★
良い点

・250万を超える登録ユーザー
・受発注画面が感覚的で使いやすい
・源泉徴収の計算機能が付いているので報酬計算が楽

悪い点

・業者からの応募が結構くる

発注・やりとり・納品後処理まで操作が楽

使いやすさとライターの質の両方でバランスが良いのがクラウドワークス。募集要項をコピーして流用できたり、メッセージのテンプレートがあったりと募集〜ライターのやりとりまで圧倒的な使いやすさです。特にライターには源泉徴収を支払う必要があり、この源泉徴収の処理が非常に楽。報酬金額を入力してチェックを入れるだけで自動的に報酬から10%を差し引いてくれます。月の支払いデータもエクセルで抽出できるので届出も楽ですよ。

ライターの質も高く優良ライターが多い

登録者数が多いのでライターの質にも幅がありますが、総じて良いライターが多い印象です。10人に1人くらいの確率でルールを無視して書く人がいるくらいです。ほとんどのライターさんは発注者側のハンドリング次第でどうにかなることが多いですね。

評価が高いライターさんはプロクラウドワーカーのマークが付いており、単価が通常より1.5-2倍くらい高いです。プロでなくても十分質のいい文章を書いてくれるライターが沢山います。クラウドワークスでライティングを外注するのであれば、料金が高いプロクラウドワーカーよりも通常ライターに依頼するのがおすすめです。

ランサーズ

ランサーズの特徴

総合評価90点
ライターの集まりやすさ★★★★☆
登録会員数★★★★★(非公開/推定数百万)
信頼・安全性★★★★★
外注費用の安さ★★★★☆(1文字0.7円~)
利用手数料★★★★☆(5~20%×消費税)
使ってみた感想★★★★☆
良い点

・優良ライターが多い(ユーザー数は非公開)
・実績がなくても応募が来やすい

悪い点

・管理画面が使い辛い(かなり)
・源泉徴収の計算機能がないので報酬計算が大変
・プロライターで実績があってもスキルが微妙な人が多い
・全体的に文字単価が高め

ライター歴が長い人が多い

ランサーズはクラウドワークスよりも歴史が長いので、ライターの経験も長い人が多い印象です。経験があり難しめのライティングでも柔軟に対応してくれる人が多いです。ライターからの応募の気易さという点では、1日で1-2件は応募がくるので悪くないですね。(ただ、最近はクラウドワークスの方が応募は圧倒的に来ます・・)

とにかく発注とやりとりが使い辛い

ランサーズの大きな欠点は、画面の使い辛さ&わかり辛さです。クラウドワークスと比較して、募集要項はコピーできるもののそのまま再掲載できない、メッセージのテンプレートがない、DMが送り辛いなど発注者泣かせなのが分かります。また源泉徴収を計算する機能がないので、発注者が計算して報酬金額に含める必要があり、一手間かかるのも難点です。ランサーズは画面さえ使いやすくなれば、、と言ったところですね。

shinobiライティング

総合評価85点
ライターの集まりやすさ★★★★★
登録会員数★★★☆☆(43万人/19年05月時点)
安全性・体制★★★★★
外注費用の安さ★★★★★(1文字0.6円~)
利用手数料★★★★★なし
使ってみた感想★★★★☆

shinobiライティングの特徴

良い点

・単価が安い

悪い点

・ライター初心者が多い
・細かいレギュレーションを決められない

圧倒的な安さがウリ

アフィリエイトB経由で文字単価が0.6円になる圧倒的な安さがウリのshinobi。弊社では利用したことがありませんが、口コミを見るとライターの質はピンキリ、納品物は総じて荒いようです。また、記事毎にレギュレーションを細かく決められないので、見出しや論理構造まで考えるライティングであれば難しいかもしれません。ガッツリメインのサイト用の記事というよりも、多少粗くてもサテライト用に使う記事におすすめです。

shinobiライティングの口コミ

シュフティ

総合評価80点
ライターの集まりやすさ★★★★☆
登録会員数★★★☆☆(非公開/推定数十万)
安全性・体制★★★★★
外注費用の安さ★★★★☆(1文字0.7円~)
利用手数料★★★★★(10%×消費税)
使ってみた感想★★★☆☆

シュフティの特徴

良い点

・丁寧に仕事をしてくれる優秀な主婦が沢山いる

悪い点

・案件掲載の度に募集要項審査が必要
・募集要項のルールが細かい&分かり辛い
・利用手数料は企業側が必ず負担しないといけない

仕事が丁寧で早い主婦ライターを一気に集められる

弊社でも主婦ライターは沢山抱えており、主婦ライターは質とスピード両方を兼ね備えた優良ライターが多い印象です。そんな企業の味方である主婦ライターを集められるのが主婦ティ。クラウドワークスやランサーズほど大きいサイトではないので登録者も少ないですが、募集企業も少ないので比較的集まりやすいイメージです。

タスク形式の案件で大量募集におすすめ

弊社で使ってみたところ、タスク形式の案件の質・スピードが非常に良かったです。クラウドワークスやランサーズではタスク形式の募集は納品物の良し悪しに関わらず、一定割合は必ず承認する必要があります。一方でシュフティでは承認割合が決められていないので、納品物の質に応じて承認の可否を決められるメリットがあります。また、必ずしも承認されるわけではないので、ライター側からしても初回から納品物の質が高い傾向にあります。タスク形式で同じテンプレートのライティングを大量に集めるのであればシュフティでの募集がおすすめです。

サグーワークス

総合評価60点
ライターの集まりやすさ★★★☆☆
登録会員数★★★☆☆(23万人/19年05月時点)
安全性・体制★★★★★
外注費用の安さ★★☆☆☆(1文字1円~)
利用手数料★★★☆☆(10%×消費税)
使ってみた感想★★☆☆☆

サグーワークスの特徴

良い点

・ライター条件を細かく絞り込める

悪い点

・文字単価を発注者側で指定できない&単価レイヤーが決まっている
・募集要項の作成がしづらい
・とくかく報酬が高い、、の割に納品物は普通(か微妙

他社に比べて倍くらいの料金の高さ

サグーワークスはライターにとっては評判は良いですが、発注者側からすると少し料金が高い印象です。文字単価はサグーワークス側で決められており、文字数に応じた下記の単価が最低ラインになっています。

2000文字以下:文字単価0.75円以上
3000文字~5000文字の記事:文字単価1.5円以上
5000文字以上:文字単価3円

記事のタイプ(説明文や口コミなど)や執筆ジャンルで上記から文字単価が変動するようになっています。他社の倍くらいの高さですね。

サゴジョー

総合評価–点
ライターの集まりやすさ☆☆☆☆☆
登録会員数☆☆☆☆☆(不明)
安全性・体制☆☆☆☆☆
外注費用の安さ☆☆☆☆☆(記事単価)
利用手数料☆☆☆☆☆(不明)
使ってみた感想☆☆☆☆☆

旅行ライターに特化したクラウドソーシング

一次情報を元にした旅行系の記事作成でおすすめなのがサゴジョー。実際に旅をする人を対象に、記事作成を依頼することができます。案件によって報酬はバラバラですが、自社で作成するよりも移動費と人件費が節約できますよ。HISやJTBなど大手旅行会社も利用している実績があるので、ライターの質も期待できそうですね。

ただ、一次情報を重視しない旅行メディアであれば、他サービスの単価が安いので、サゴジョーだと単価が合わない可能性が高いですね。体験を基にした旅行系メディアの記事作成にはとてもおすすめです。

会社の体制・フェーズに合わせた記事作成を

webサイトにおいて、記事はサイトの顔となる非常に重要なもの。また、1記事作るだけでも大変な労力がかかり、一筋縄ではいかないことも。編集担当が不在のまま、自社内で記事作成をする前に、自社に合った外注方法を試してみるのがおすすめです。

→記事制作に関するご相談はこちらから

記事作成に関するQ&A

記事作成の代行選びで重要なことは?

実績と強みを確認するのがおすすめです。ひとえに記事作成と言っても、SEOに強みがある会社や取材やPRに強みがある会社など様々です。オウンドメディアに掲載する記事でGoogleから新規集客がしたいのであれば、メディア運営でSEOでの上位表示の実績がある記事作成会社がおすすめです。

記事作成の代行会社選びで注意すべきことは?

文字単価だけで選ぶのは注意が必要です。文字単価は記事の質とリンクしていることが多々あり、文字単価が低くなると記事の品質も落ちがちです。特に、1文字1円以下の記事作成会社は検収する予算がないため、クラウドソーシングのビギナーレベル以下の品質で納品される可能性があります。記事作成の代行会社を選ぶ際は、必ず予算と品質を天秤にかけて選ぶのがおすすめです。

記事作成の代行会社でおすすめは?

おすすめは株式会社スペクトルの記事作成代行サービスです。株式会社スペクトルでは、この道10年以上のベテラン編集者が記事作成を担当。1文字5円~でSEOを鑑みた記事作成を提供しています。ただ記事を作るだけではなく、Googleから新規顧客を集客したい、SEO対策ができる記事作成会社を探しているのであれば、スペクトルに頼むのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です